足跡(寺社)87・東光寺……2019.6.2

少し歩こうと、とりあえず「中根西三叉路馬頭観音庚申塔」に向かい、足の向くままウロウロした2019年6月2日のこと。

氷川神社の三之鳥居から東に向かったので、西に隣接する旧別当寺「金蔵院」を見逃した理由が当時の日記を見て分かった。どうやら境内の「みどりの散歩道」案内板に「東光寺」とあったので、こんな道を歩いたらしい。

「東光寺」山門(目黒区八雲1-9-11)

山門前に地蔵尊がある。円柱形の寺号碑には「曹洞宗 東光寺」とあるが、創建当初は「東岡寺」と称す臨済宗寺院だった。現在と同じ「東光寺」と改められたのは天正19年(1591年)頃で、さらに江戸時代の初めに曹洞宗へと変わった。

境内に雄の大イチョウ……同寺のすぐ近くにある「常圓寺」には雌の大イチョウがあり「夫婦イチョウ」と呼ばれている。

【附けたり】(2022年10月21日の写真)
至近距離からでは大イチョウの全景は収まらないので、門前から……紅葉を期待するにはまだ早過ぎた。

「本堂」……貞治4年(1365年)、当時の世田谷城主吉良治家(きらはるいえ)が、10歳で早世した子息の祖朝(ちかもと)の菩提を弔うために建てた同寺は、泰陽山霊徳院と号す。江戸期には30石の朱印寺だったとのこと。

本堂前には風神と雷神……古代インドの自然をつかさどる神だが、仏教に取り込まれてからは千手観音を守る役割を担っているそうだ。

道元禅師ご尊像……
『まことに一事をこととせざれば 一智に達することなし (弁道話)』
「何事も中途半端で終わってしまっては信念などうまれるはずがない」……実に耳の痛いお言葉。

「慈母観世音」の眼差しは慈しみに満ちていた。

「鬼の石仏」……顔かたちは鬼のままだが、僧衣をまとって偽善者の姿を表す「鬼の寒念仏」というものか。キックバックを「還付金」中抜きを「留保」と言い換える姑息な偽善者たちを、なんとかしてくれ。

おそうじ小僧さん……大真面目か?遊び心か?なんとも言えないが、本物の竹箒を携えている。

本堂左側……奥に「白山堂(左)」と「観音堂(右)」が並ぶ。実は、観音堂から本堂に続く渡り廊下があり、その下がくぐれるようになっていて本堂裏の「心字池」に導いてくれるのだが当日は見逃した私。

命あるものは死後に、地獄・畜生・餓鬼・修羅・人・天の6つの世界(六道)に生まれ変わる(輪廻転生)と言われるが、それぞれの世界で守ってくれる六地蔵菩薩。
左の小屋には……

数珠を手にした「馬頭観世音菩薩」……三面六臂で馬の頭を冠のように乗せている。六道中畜生道に配される六観音の一体。

曹洞宗のご本尊・釈迦牟尼仏だろう……南無釈迦牟尼仏

本堂前に引き返すときに出会った「石地蔵」……

テントウムシが頭を歩いていたので、いつもの悪い癖でパチリ。

境内の東側にも石像がたくさんおられた。

仲良し道祖神……後方にはとぼけた狸

お願いします……

ちび七福神と……

大人の七福神……左から恵比寿・大黒天・弁財天・福禄寿・布袋尊・寿老人、そして毘沙門天七福神めぐりが一か所で完了。

幸福を呼ぶ東光寺の七福神……比較的新しいものだろうが、レトロモダン。

なぜか狛犬もいた。神仏習合を伝承しているのか。

巨大な石塔の傍らは……

如来さまだろう……立てた左手の人差し指を右手で包み込んだ印相を「智拳印(ちけんいん)」という。大日如来智慧を表すとされている。ちなみに、座り方は瞑想のポーズ「結跏趺坐(けっかふざ)」の状態だが、右足が上になっているから「吉祥坐(きっしょうざ)」という。左足が上の場合は「降魔坐(ごうまざ)」という。禅宗寺院にはふさわしいかもしれない。

鐘楼……

境内から山門……昨日載せた氷川神社や、今日の東光寺など寺社が集中するこのあたりが江戸時代には衾村(ふすまむら)の中心地だったらしい。昭和10年代までは呑川の流域に田畑や原野がのどかに広がる純農村地域であり、都市化は遅かったとされる。昭和初期までは、夏には蛍が飛び交ったという呑川だが、荒れると洪水で大きな被害を生んだらしく「全てを呑み込んでしまう様子」が呑川の名の由来らしい。

山門の先も参道らしい雰囲気だったから行ってみたら……

八雲通り共栄会通りに面した場所が東光寺参道口だった。
 蛇足ながら、当時の写真を選び直してリライトしているが、以外に手間がかかる。当時曖昧だったことなどを調べ直すのは面倒だが、勉強は積み重ねと思い頑張ってみることにしている。

今日の「My First JUGEM」は……『虚しく終わるだろう政倫審……』

足跡(寺社)86・馬頭観音をみながら「八雲氷川神社」……2019.6.2

サラリーマンを辞めてからは満員電車にも乗らないし、運動不足解消にと少しずつ歩くようにしていた。当日の目的をどこにしようかと考え、とりあえず日記に載せ始める以前の散歩で目にしていた街角の馬頭観音を訪ねてみた2019年6月2日のこと……
 日記帳を振り返ると、歯医者で精密根管治療(マイクロエンド)なるものを受けていた時期だった。治療はずいぶん前に思えるが、この日の散歩はそんなに以前とは感じられない。

フェアレディZ-432やポルシェ356、ロータス47GT/60なんて古い車を眺めながら(今日は写真は載せない)目黒通りを歩くと、右のビルの植え込みに……

しっかりした箱に「中根西三叉路馬頭観音庚申塔」が収まっている。(目黒区中根1-25-17)

頭の大きな左は「馬頭観音」で、右は青面金剛の「庚申塔」と見受けられるが、どちらも風化が進んでいて年代は分からない。庚申塔は道標を兼ねていたのかも知れないとうかがえる痕跡があった。

何処へ行こうか考え、目黒通りを渡って八雲の住宅街でこんなのをパチリ。わざわざ足を止めなくてもいいのに見ると撮りたくなるのが私の悪い癖だ。

坂というほどではない「氷川坂」を進むと……

氷川神社」(目黒区八雲2-4-16)……子どもの頃、祖父に連れられてお祭り見物をした遠い記憶がよみがえったので寄ってみることにした。当時の楽天ブログには「遠い日の花火」の文言があった。

一之鳥居をくぐってすぐ左に「地蔵尊」……

体が病んでいるときにお地蔵さんの同じ場所をなでると治るとの言い伝えに従って、みなさんになでられてすり減り、幽霊地蔵のお姿になってしまった。

二之鳥居……参道は長い。両側に露店がぎっしり並んでいた景色がよみがえる。

三之鳥居……幼少の頃の記憶から訪問したと思っていたら、当時の日記には「先月、連れ合いが行ったので私も行ってみようと思った」とも書かれていた。なぜ連れ合いが訪問したのかは記憶にない。夜になったら教えてくれるかもしれない。

旧衾(ふすま)村の鎮守「氷川神社境内」……明治22年(1889年)に衾村は碑文谷村と合併して碑衾村になったが、碑衾村って言葉は祖父から幾度も聞いた。

参道右に「手水舎」……手水盤は4体の石像「力持ち」が支えている。

慶雲4年(707年)に創建したと伝えられる八雲氷川神社……祭神は素戔嗚尊(すさのうのみこと)、稲田姫命(いなだひめのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)

いくつも目にしたことのある「日露戦役紀念碑」……やはり乃木希典の書だった。

社殿左側手前に「神楽殿」と「絵馬殿」……9月には素戔嗚尊の「八岐大蛇(やまたのおろち)退治の物語」を表現している「剣の舞」が奉納されるそうだ。

絵馬殿は神楽殿とつながっている。

奉納されたものが並んでいたが……

どれも古そう……

そうとう劣化が進んでいたが、大丈夫なのだろうか?

社殿右側の渡り廊下の下を、くぐれそうなので行ってみた。

境内社「奥ノ宮」への参道……

参道左側に、かつてのご神木(アカガシ)の名残が置かれている。

奥の宮……安政6年(1859年)奉納の狛犬に対して、社は新しすぎるのだが、昭和57年(1982年)に放火により焼失したために再建されたそうだ。

扁額には手名槌命・足名槌命・倉稲魂命……先に「境内社」と表記したが「摂社」という扱いになるのだろう。

奥ノ宮の右に2基の庚申塔……

こちらは不明……分からなくても撮っておくのが私の悪い癖。

社殿を背にして、三之鳥居が運命の分かれ道だった。一之鳥居まで引き返すつもりはもうとなく、写真方向左に向かったのだが、右へ歩けば隣接するかつての別当寺「金蔵院」を訪問出来た。(結局、後日出直した。)

独り反省会で後悔したのだが、当日は参道の途中の横道を東に歩いた私だった。幾度も後悔をくり返してきたが、今は「それでよかった」と思える。

今日の「My First JUGEM」は……『首を垂れるクリスマスローズ……』